ニードルフェルト資格おすすめ情報サイト

MENU

かわいいハンドメイドが流行中!

ハンドメイド品に人気が集まるのには理由

不思議なもので、人は機械で大量生産されたものよりも、人の手で気持ちをこめて作られたものに自然と愛着を覚えます。

 

ハンドメイドは心身の健康にも役立つ

ハンドメイドする際には手先・指先をよく使いますから、脳の活性化にもつながって行きます。

 

ハンドメイド品を出品してお小遣いを稼いでいる方もいます

ハンドメイドを趣味で終えるだけでなく、かわいいハンドメイド品を出品してお小遣いを稼いでいる方もいます。

 

 

 

ハンドメイドを趣味にしている方はたくさんいらっしゃいます。懐かしい子供の頃に、小物を作ったり、ビーズでアクセサリーを作っていた方もおおいのではないでしょうか。ハンドメイド品に人気が集まるのには理由があります。ここで、幾つかの理由を考えてみましょう。

 

不思議なもので、人は機械で大量生産されたものよりも、人の手で気持ちをこめて作られたものに自然と愛着を覚えます。

 

少々出来ばえはきれいでなくても、手作りの作品というのは、見た目を超える価値を持つのではないでしょうか。ハンドメイドする側の生活にも潤いを添えるものとなります。他の人のために役立っているといういわゆる与える喜びは、自尊心や満足感をもたらすものとなります。

 

さらに、ハンドメイドする際には手先・指先をよく使いますから、脳の活性化にもつながって行きます。ハンドメイドは心身の健康にも役立つのです。自分で作ったハンドメイド品を自分の家に飾って、オリジナルの空間を作ることもできます。

 

オリジナルの空間でお客様をおもてなしするのも楽しいひと時です。
子どもたちの成長の一場面としても役立ちます。自分で努力して最初から最後まで一つのものを作り上げると、子どもは達成感を覚えます。

 

作り上げる過程の中で集中力も養われてゆきます。上手にできたなら、その成功体験は子どもたちに自信を与えることになります。他の人のために作り上げ感謝されたその経験が、人のために働くことへの喜びへとつながります。

 

さらに、ハンドメイドを趣味で終えるだけでなく、かわいいハンドメイド品を出品してお小遣いを稼いでいる方もいます。インターネットの世界では、例えば「minne(ミンネ)」、「iichi(イイチ)」など、ハンドメイドマーケットサイトがたくさん存在しています。そして、ほとんどのハンドメイドマーケットサイトが無料で出品できるようになっています。

 

もちろん、それなりの完成度が求められますが、自分のハンドメイド作品が売れた時の喜びはひとしおではないでしょうか。

 

このように、ハンドメイド品に人気が集まるのには理由があるのです。

 

美しい仕上がりにするのは難しい

人気のハンドメイド品の一つに「羊毛フェルト」

羊毛フェルトとは、綿状のふわふわした羊毛を用いて、様々な色の羊毛を組み合わせながら小物を作り上げてゆく手芸のことです。

 

性別を問わず気軽にトライ

小物を作るためのキットのようなものも販売されていますので、子どもたちからお年寄りに至るまで、また性別を問わず、気軽にトライすることができるでしょう。

 

通信講座を受講してスムーズに技量アップを図る

ニードルフェルト資格などの資格を持っている先生に教えていただけるなら、短期間での技量アップを目指すことができるでしょう。

 

人気のハンドメイド品の一つに、「羊毛フェルト」があります。羊毛フェルトとは、綿状のふわふわした羊毛を用いて、様々な色の羊毛を組み合わせながら小物を作り上げてゆく手芸のことです。

 

ニードルと呼ばれる針を使ってちくちくと刺して固めながら形を作って行きます。道具や材料の入手の方法は簡単です。100円ショップでも手軽に入手することができます。

 

小物を作るためのキットのようなものも販売されていますので、子どもたちからお年寄りに至るまで、また性別を問わず、気軽にトライすることができるでしょう。羊毛フェルトの技量アップが図られてゆくと、自分のイメージに合わせて、かわいい小物だけでなく、花を作ったり、自分のペットに似た動物を作ったりすることができるようになります。

 

羊毛フェルトは年齢を問わず簡単に取り組むことができますが、もちろん、美しい仕上がりにするのは簡単ではありません。

 

羊毛フェルトはニードルと呼ばれる針を使ってちくちくと刺して固めながら形を作って行きますので、例えばこの小物を作成するためには、どんなタイプの羊毛を用いたら良いかとか、何回位ニードルで刺せば良いのかなど、美しい仕上がりにするためには細かい部分まで考えて作業をする必要があります。

 

実際の動物そっくりに仕上げて行く方法もあります。そのような作品を完成させるためにはより高度な技術を身につけて行く必要があります。商品にしてお小遣いを稼ごうと考えている方もおいでになることでしょう。商品のレベルまで高めて行くためにも技量アップが求められます。

 

やはり、ある程度のレベルまで美しい仕上がりにしてゆくためには、独学では限界があるのかもしれません。そこで、ある人たちは、思い切って教室に通って技術を身につけます。

 

ニードルフェルト資格などの資格を持っている先生に教えていただけるなら、短期間での技量アップを目指すことができるでしょう。

 

通信講座を受講してスムーズに技量アップを図る方もいます。

 

仕上がりのよいハンドメイドは人気が出る

大量生産の品物とは異なり、ハンドメイド品は、どうしても仕上がりのよいものとわるいものとの違いがくっきり出てしまいます。そして、やはり仕上がりのよいハンドメイド品は人気が出ます。この点、羊毛フェルトも例外ではありません。

 

仕上がりの良い作品はインターネットで話題になったり、高い値段に販売されたりしています。例えば、「ヤフオク!」などで売れ筋情報を確認することができます。

 

ブローチなどの小物も、仕上がりのよいものですと高い値段で出品されています。例えば、仕上がりのよい、ハンドメイドのかわいらしい無邪気な顔の猫のブローチは、開始価格は500円というものでしたが、41件もの入札がなされた結果、3,200円で落札されました。

 

入札の人数が多いものを見て行くと、傾向として、実物の動物に似た、仕上がりのよいハンドメイド品が人気があるようです。高額で落札されたものを確認したところ、本物の柴犬に似た置物のような羊毛フェルトが、開始価格が3,900円だったのが、合計157件もの入札がなされた結果、何と、400,000円もの高値で落札されました。

 

他にもやはり本物に似た、開始価格が1円だったキジ虎の柄の子猫が69件の入札があり、106,000円で落札されたのです。

 

このような仕上がりの良い実物の動物に似たハンドメイド品、いわゆる「リアル系」ともなりますと、作成には高い技術が求められます。リアル系は、他にも作り方があるかもしれませんが、例えば、作りたい動物の資料を、集められるなら骨格の資料も集めます。資料集めもなかなか大変です。

 

さらに、植毛が必要になる動物の場合には、その動物に近い毛色や毛質の羊毛を入手する必要があります。それからインターネットで作り方が載せられているサイトを探し、作成して行きます。

 

作り方といっても、全てを丁寧に説明してくれているサイトを見つけるのは難しいと思われますので、自分なりにも試行錯誤を繰り返しながら作って行く必要もあります。独学ですと、かなりの時間と努力が必要となるでしょう。

 

きれいに仕上げる羊毛フェルトの極意

羊毛フェルトをきれいに仕上げるために大切な点は、いかにして、毛羽立ちを抑えるかです。羊毛フェルトで作品を作っていると、表面がボサボサっとなってしまい、一体どうしたら良いのだろうと思うことがあるかもしれません。

 

どうすれば良いのでしょうか。羊毛フェルトの場合、ニードルと呼ばれる針を使ってちくちくと刺して固めながら形を作って行きますが、実は、ボサボサの状態になっているということは、まだ刺し足りない状況なのです。

 

ポイントとしては、表面の場合には、深く刺すのではなく、浅く細かく刺してみましょう。そして、くれぐれも指を刺さないように注意しつつも、毛羽立っている箇所を指の腹の部分で寝かせながら刺してみましょう。時間をかけて細かく刺してゆけば、毛羽立ちはおさまってゆくでしょう。それでもまだ毛羽立っている部分がある場合には何ができるでしょうか。

 

サイズの小さなはさみでその部分は丁寧に切り取ってしまうこともできるでしょう。ニードルの種類を検討しても良いでしょう。毛羽立ちを抑える時には、通常のニードルよりも細めのものを用いると効果的です。

 

極細の仕上げ用ニードルを入手できるなら、作業がしやすくなります。リアルな羊毛フェルトをきれいな形に仕上げて行くのは、なかなかの技術が求められます。

 

まず、リアル羊毛フェルトを作る場合に基本となるのが骨格といいますか体の芯作りです。実際に骨格の資料を入手して参考にしてみることもできるでしょう。例えば、テクノロートという素材を芯作りに活用することもできます。リアルな顔もまずは、丸い球体から始まりますので、羊毛をしっかりかために丸く球の形にしてみます。

 

鼻の部分は後からつけるので、片方はふわふわの状態で、もう片方はしっかりと固く刺すようにします。そして、丸い球体の顔に、鼻の部分をつけてゆきます。目の部分にはプラスチックアイを利用することができるでしょう。

 

独学ですと、かなりの時間と努力が必要ですので、通信講座などを活用するとスムーズであると言えるでしょう。

 

大量生産の品物とは異なり、ハンドメイド品は、どうしても仕上がりのよいものとわるいものとの違いがくっきり出てしまいます。そして、やはり仕上がりのよいハンドメイド品は人気が出ます。

要点を紹介するキャラクター

 

ハンドメイド系の役立つ資格ランキング

ニードルフェルトデザイナー

ニードルフェルトデザイナーの特徴

ニードルフェルトデザイナーは、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する資格です。ニードルフェルトのためのフェルトボールの作り方、目の付け方、テクニック、必要な道具など、ニードルフェルト製作について基本知識や技術が一定以上と認定される資格となっています。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
ニードルフェルトデザイナーの総評
  • ニードルフェルトのためのフェルトボールの作り方
  • ニードルフェルト製作について基本知識や技術
  • ニードルフェルトで好きなキャラを製作する技術を習得
公式サイトへ

 

羊毛フェルトアドバイザー

羊毛フェルトアドバイザーの特徴

羊毛フェルトアドバイザーは、日本生活環境支援協会(JLESA)が主催する資格です。ニードルフェルトに必要な基礎知識が一定のレベルにあることや、各種ニードルフェルトのレシピや製作知識を習得し、適切にアドバイスできることを証明する資格です。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
羊毛フェルトアドバイザーの総評
  • ニードルフェルトに必要な基礎知識
  • 各種ニードルフェルトのレシピや製作知識
  • 資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動が可能
公式サイトへ
1位:ニードルフェルトデザイナー

(https://www.designlearn.co.jp/needlefelt/)
ニードルフェルトデザイナーは、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する資格です。

 

ニードルフェルトのためのフェルトボールの作り方、目の付け方、テクニック、必要な道具など、ニードルフェルト製作について基本知識や技術が一定以上と認定される資格となっています。

 

「諒設計アーキテクトラーニング」は、ニードルフェルトデザイナーの資格取得のための「ニードルフェルトデザイナーW資格取得講座」を通信講座で提供しています。

 

「諒設計アーキテクトラーニング」の通信講座は、教育スクール.netのアンケートで「満足した通信講座1位」に選ばれました。自宅でニードルフェルトデザイナー資格だけでなく羊毛フェルトアドバイザー資格も簡単に取得することが可能となっています。

 

この講座はニードルフェルトデザイナーを主催する日本デザインプランナー協会、そして、羊毛フェルトアドバイザーを主催する日本生活環境支援協会より指定講座として認定されていますので、試験免除で資格が取れるのです。確実に資格を取得したいと思われている方にもぴったりの講座です。

 

2位:羊毛フェルトアドバイザー

(https://www.saraschool.net/felt/)
羊毛フェルトアドバイザーは、日本生活環境支援協会(JLESA)が主催する資格です。

 

ニードルフェルトに必要な基礎知識が一定のレベルにあることや、各種ニードルフェルトのレシピや製作知識を習得し、適切にアドバイスできることを証明する資格です。

 

試験の内容としては、羊毛フェルトの毛羽立ちについて、パーツをつける、石鹸水でのフェルトボールの作り方、必要な道具や便利な道具など、多岐に渡る内容となっています。

 

通信教育・通信講座のSARAスクールジャパンでは、ニードルフェルトの基本コース、プラチナコースが準備されており、羊毛フェルトの基本知識から道具の様々な使い方、様々なテクニックを学べるようになっています。

 

羊毛フェルトアドバイザー資格だけでなく、ニードルフェルトデザイナー資格も取得することが可能となっています。

 

一番オススメなのは「ニードルフェルト資格」

ニードルフェルトデザイナー資格はオススメの資格
ニードルフェルト製作について基本知識や技術
オリジナルの作品を作りネットショップなどで販売

ニードルフェルトデザイナー資格とは、ニードルフェルトのためのフェルトボールの作り方、目の付け方、テクニック、必要な道具などニードルフェルト製作について基本知識や技術が一定以上と認定されるオススメの資格です。

 

認定するのは、日本デザインプランナー協会です。

 

この試験の内容ですが、石鹸水フェルトで作成するペンケース、ニードルフェルトで作成するトラ、トイプードル、ペンギン、パンダ、ハリネズミなど多岐に渡っています。

 

人がたくさんいる試験会場は落ち着かない、圧倒されて本来の力が発揮できないという方もおいでになることでしょう。どうぞご安心ください。

 

なんと、ニードルフェルトデザイナー認定試験は在宅受験ができるのです。受講料もそれほど高くはありません。10,000円(消費税込み)となっています。合格基準も過度に高くありません。70%以上の評価で合格できます。受験資格も特にありません。

 

実務経験などが必要となりますと、取得までに時間がかかりますし、それだけで面倒に感じてしまうものですが、ニードルフェルトデザイナーの取得には実務経験は不要です。気軽にトライすることができます。申し込みはインターネットで行います。

 

偶数月の20〜25日が試験期間です。そして答案の提出はその月の終わり頃までに返送することになります。試験は偶数月に行われています。

 

「ニードルフェルトデザイナー資格」はなぜオススメなのでしょうか。

 

この資格を取得した後は、自宅で教室を開いたり、カルチャー教室に所属して、講師として活動することができます。また、ニードルフェルトの多様なレシピの知識を得ることになりますので、その知識を活用してオリジナルの作品を作り、ネットショップなどで販売することもできるようになります。

 

ネットショップでも信用は大切ですから、買い手も資格を取得していると、購入の際に安心感を覚えることでしょう。

 

ニードルフェルト資格はこちら

 

まとめ

ハンドメイドを趣味にしている方はたくさんいらっしゃいます。不思議なもので、人は機械で大量生産されたものよりも、人の手で気持ちをこめて作られたものに自然と愛着を覚えます。

 

人気のハンドメイド品の一つに、「羊毛フェルト」があります。羊毛フェルトとは、綿状のふわふわした羊毛を用いて、様々な色の羊毛を組み合わせながら小物を作り上げてゆく手芸のことです。ニードルと呼ばれる針を使ってちくちくと刺して固めながら形を作って行きます。

 

羊毛フェルトの分野でも美しい仕上がりにするのは簡単なことではありません。例えばこの小物を作成するためには、どんなタイプの羊毛を用いたら良いかとか、何回位ニードルで刺せば良いのかなど、美しい仕上がりにするためには細かい部分まで考えて作業をする必要があります。

 

実際の動物そっくりに仕上げるいわゆる「リアル系」と呼ばれる作品もありますが、その種の作品を完成させるためには高度な技術を身につけなければなりません。

 

大量生産の品物とは異なり、ハンドメイド品は、どうしても仕上がりのよいものとわるいものとの違いがくっきり出てしまいます。そして、やはり仕上がりのよいハンドメイド品は人気が出ます。この点、羊毛フェルトも例外ではありません。

 

仕上がりの良い作品はインターネットで話題になったり、かなり高額のお値段で販売されたりしています。

 

羊毛フェルトをきれいに仕上げるために大切な点の一つは、いかにして、毛羽立ちを抑えるかです。羊毛フェルトで作品を作っていると、表面がボサボサっとなってしまい、一体どうしたら良いのだろうと思うことがあるかもしれません。

 

どうすれば良いのでしょうか。ポイントとしては、表面の場合には、深く刺すのではなく、浅く細かく刺してみましょう。

 

ニードルフェルトデザイナー資格を取得すれば、カルチャー教室や自宅の教室で講師になったり、ネットショップを開設したりする道が開けます。

更新履歴