動物の羊毛フェルトを作るポイント

MENU

動物の羊毛フェルトをつくってみよう!

 

羊毛フェルトととは羊毛をニードルという専用の針でで刺して絡め固めるていく手芸方法です。簡単そうに見えても実は難し、思い通りの作品を作るためには技術が必要です。技量アップのコツはないのでしょうか?初心者が挑戦しやすい動物の羊毛フェルトを上手に作るためのポイントをまとめてみましょう。

 

 

フェルティングボールをきれいに作ろう!

 

100円ショップのダイソーにはたくさんの動物の種類のフェルトキットが置いてあります。自分の好きな動物を選んで羊毛フェルトにチャレンジしてみましょう。ワントーンでパーツが少ない動物がやさしく、カラーが分かれていてパーツの多い動物はすこし難しいです。カエルはワントーンでシンプルなので比較的易しいかもしれません。

 

まずは材料となる羊毛フェルトをとり分けるところから始まります。頭、耳など、各部分に応じて大体の分量を取り分けましょう。羊毛を割くようによくほぐし、手で思い切り丸めていきます。摩擦と熱によってフェルト化するので、この工程は力を入れて行うことが大切です。次にフェルティング用マットの上でフェルトをニードルで刺していきます。指でつまんで形を整えながら刺すことを繰り返し、球体を作っていきます。球体がバランスよくなるように一ヶ所だけでなくまんべんなく刺して成形していってください。このフェルティングボールをきれいに作ることが、かわいい動物フェルトを作るコツです。

 

動物のフェルト人形は顔のパーツの位置決めが大切!

 

小さいパーツの部分は、全体を押し固めなずに、顔との接合部はフワフワの毛羽立ちを残しておきます。このフワフワを顔本体の繊維と絡め合わせることでパーツ同士をくっつけていくのです。パーツをくっつける時は完成をイメージして、ちょうどいい場所に接合するようにしましょう。

 

少しイメージと場所が違うと感じたら、引き離してもう一度やり直すことも可能です。100均のフェルトアニマルはプラスチックの目を埋め込みます。ニードルを何度も刺して目の部分にしっかり穴を開けましょう。プラスチックパーツを入れてみて、位置が決まったらボンドで接着します。動物の羊毛フェルトにとって目や鼻や口の位置は重要なポイントです。かわいらしい顔になるように調整しましょう。

 

まとめ

 

すぐにかわいい動物のハンドメイド作品を作ることは難しいと思います。しかし、キットの写真を参考にして何回も練習すれば、きっとイメージ通りのフェルト人形を作ることができます。

関連ページ

ニードルフェルトで上達するためには
ニードルフェルトという趣味をご存知ですか?羊毛フェルトなどとも呼ばれますが、羊毛をニードルと呼ばれる特殊な針でつつくことで、羊毛の繊維を絡めながら形を作っていく手芸方法の一つです。いろんな色の羊毛を組み合わせて、キャラクターやマスコットなどの作品を作ります。主に、動物や食べ物、アクセサリーの形に作られることが多いようです。
趣味でも上級レベルで楽しもう
初心者でも気軽に始めることのできるのがニードルフェルトの特徴です。道具や材料など初期投資にそれほどコストがかからないので、誰でも簡単に始めることができます。始めのうちは羊毛をニードルで刺し絡めあわせながら形を作っていくことになります。趣味でも技量をアップさせていけば、本格的な作品を作ることができるようになるかもしれません。
羊毛フェルトのデザインをしよう
羊毛フェルトはハンドメイドで手軽にかわいい作品ができるので人気の趣味です。初心者は100均などで売られているキットから始めるといいかもしれません。しかしそのうち、オリジナルの作品を作ってみたくなるかもしれません。羊毛フェルトのデザインをすれば、オリジナルハンドメイド作品を作ることができます。どのようにデザインしてオリジナルの作品を作れるでしょうか?
フェルトデザインのコツ
ニードルフェルトに慣れてくると、市販のキットだけでは物足りなくなって自分でグッズをデザインして作りたいと思うようになるかもしれません。フェルトを自分でデザインしていくためには、いろんな形のパーツをフェルトで作れるようにならなければなりません。
完成イメージを形にする方法
ニードルフェルトにおいて、完成イメージを常に思い描くことは大切です。ふわふわの羊毛フェルトからある程度固いマスコットやアクセサリーを生み出すわけですから、しっかりとしたビジョンが大切です。完成イメージをしっかりと形に反映させるためにはどのような努力が必要でしょうか?
ニードルフェルトをするのに必要な道具
ニードルフェルトとは、針で羊毛を刺したり絡めたりしながら繊維を固めていく手芸方法の1つです。かわいいマスコットやキャラクターをハンドメイドできるので、かわいいもの好きな女性を中心に人気のある趣味です。道具がそろえやすく、手軽に始められることも人気の理由となっています。ニードルフェルトするのにはどんな道具が必要なのでしょうか?ニードルフェルトの道具はどこで購入できるのでしょうか?
ニードルフェルトにかかる費用
ニードルフェルトとは、ニードルという針で羊毛を刺し絡め、形をつくっていく手芸法のひとつです。ハンドメイド趣味の中でも、必要な道具がそれほど多くなく、初期投資にコストがかからないことが人気の理由となっているようです。それでは、実際にニードルフェルトを始めるにはいくらくらいの費用がかかるのでしょうか?
キャラクターひとつを作るのにかかる時間
ニードルフェルトはその始めやすさから人気の手芸方法のひとつです。チクチクとフェルトを刺しながら成形していくのに時間はかかりますが、その努力が生み出す柔らかな質感が魅力ではまってしまう人が急増中です。ニードルフェルトでキャラクターひとつを作るのにどれくらいの時間がかかるのでしょうか?調べてみました。
ニードルフェルト制作を効率化する方法
羊毛をニードルで刺し固めながら成形していくニードルフェルトは、単純作業で根気のいる手芸方法です。その努力の末に独特の柔らかな風合いのハンドメイド人形ができあがります。上級者は手先の動きが早いだけでなく、効率よく羊毛をフェルト化していきます。ニードルフェルト制作を効率よく行うコツがなにかあるのでしょうか?
パーツの多いキャラクターを作る方法
ニードルフェルト初心者は、カラーやパーツの少ないキットから始めてみるかもしれません。慣れてくると、パーツの多いキャラクターに挑戦してみたくなります。パーツが多いと難易度がグッと上がりますし、制作時間ものびてしまうでしょう。しかし、完成した時の喜びもひとしおです。パーツの多いキャラクターをどのようにつくるのでしょうか?
ニードルフェルト制作で気をつけること
毛をニードルという針で刺し絡めながら形をつくっていく羊毛フェルト。かわいいもの好きな女子を中心に最近流行しています。しかし簡単そうに見えて結構難しいのが羊毛フェルトです。初心者のシュールな失敗作がよくネットにあがって話題となっています。味のあるおもしろ作品もいいですが、どうせ趣味としてやるなら技量アップして友達に自慢できるような作品を作りたいですよね。
100円ショップでも始められる趣味
手芸好きな女性を中心に、ニードルフェルトという趣味が人気です。ニードルフェルトとは羊毛フェルトとも呼ばれ、羊毛をニードルと呼ばれる特殊な針でつつくことで、繊維を絡めながら作品を成形していく手芸方法の一つです。いろんな色の羊毛を組み合わせて、動物や食べ物、アクセサリーの形に作品を作っていきます。
複雑なキャラクターを作る時のコツ
ニードルフェルトに慣れてくると動物などの複雑なキャラクターに挑戦したいと思うようになるかもしれません。複雑な形を作るのに何かコツはあるのでしょうか?考え方としては、いろんな形のパーツを作ることができれば、それらを組み合わせて、動物の体をある程度作ることができます。どんな複雑な形でも、基本的な形をマスターしていれば応用して作ることができるのです。
ハンドメイドらしさを残す方法
ハンドメイドでアクセサリーや小物を手軽に作ることができる羊毛フェルトが今注目を浴びています。羊毛フェルトとは、羊毛をニードルと呼ばれる特殊な針でつつくことで、羊毛の繊維を絡めながら形を作っていく手芸方法のひとつです。いろんな色の羊毛を組み合わせて、キャラクターやマスコットなどの作品を作ります。柔らかくてかわいらしい風合いが魅力のハンドメイド趣味です。
女子ウケが良いニードルフェルト
羊毛を専用のニードルと呼ばれる針で刺し固めながら形を作っていくニードルフェルトが、かわいいもの好きの女子たちの間で流行っています。人気の理由はとにかくかわいいから。羊毛フェルトには独特の風合いがあるので、作品を柔らかく温かなものにすることができます。また、気軽に始められることも人気の理由です。趣味を始めるための初期コストがそれほどかかりません。
男子でも注目するキャラクターとは
ニードルフェルトは新しい手芸の方法で、羊毛を専用の針で刺し、絡ませ合いながらフェルト化させ形を作っていきます。独特の柔らかい風合いのハンドメイド作品を作ることができるので、かわいいもの好きな女子を中心に最近流行っている趣味です。100円ショップでもキットや道具が売っているので、それほどコストをかけずに誰でも気軽に楽しむことができます。
安全に怪我をしないように制作するコツ
ニードルという針でフェルトをチクチク刺しながら繊維を絡めて形をつくっていくニードルフェルトは、人気のハンドメイド趣味です。フェルトを針で刺していくだけの単純作業ですが、味のある風合いのかわいらしいマスコットやキャラクターを作ることができるとあって人気です。針を使う手芸ですので、安全には気を配りたいところです。
ニードルフェルトでグラデーションを作る方法
ニードルフェルトの技術のひとつとして、グラデーションというものがあります。単色ではなく、だんだんと色が変化してるように見せ作品のクオリティを上げることができます。グラデーションと聞くととても難しそうなイメージですが、法則さえつかんでしまえばいろんな作品に応用することができます。ニードルフェルトの技量アップのために、グラデーションに挑戦してみましょう。
模様をつける時のポイントと効率的な作り方
動物のマスコットをニードルフェルトでハンドメイドするためには、体などに模様をつけていく技術が必要になってきます。例えば動物キットのキリンの体が黄色一色だったりすることがあります。キリンには茶色い斑点がありますから、自分で模様をアレンジして施すことができれば、一気にオリジナリティ溢れる作品に近づきます。
羊毛フェルトで失敗する作り方
羊毛を丸めて、ニードルという針で刺したり、絡めたりしながら形をつくっていく羊毛フェルト。手芸好きの女子を中心に最近流行しています。簡単そうに見えて結構難しい羊毛フェルト。初心者はよく失敗してとんでもなくシュールな作品が出来上がったりします。
かわいい顔をつくるためのポイント
ニードルフェルトでかわいい動物のキャラクターやマスコットを作りたいとき、顔のパーツはとても重要です。特に重要なのは、目、鼻、口のパーツです。表情が変だと、他のパーツがどんなに上手にできていてもかわいく仕上がりません。かわいい顔を作るためにどんなポイントに注意すれば良いでしょうか?
デフォルメキャラを作る時のバランス
ハンドメイドでオリジナルマスコットの作れるニードルフェルトが人気です。羊毛を専用の針で刺すことにより絡め合わせてフェルト化させ、形を作っていきます。単純作業のようで奥が深く、思い通りの形を作るためには時間をかけて技量アップする必要でがあります。
羊毛フェルトを自立させるための工夫
羊毛フェルトで自立するような作品を作ることは可能でしょうか?他の材料で骨格を作ることにより、自立する人形などを作ることができます。骨格を作れば、羊毛フェルトで作った人形に微妙なポーズをつけたり、完成後もポーズをいくらか変えて遊ぶこともできます。どのように骨格をつけて自立させることができるでしょうか?
キャラクターデザインに欠かせないアイデア
ニードルフェルトで、制作キットのキャラクターを上手に作れるようになると、自分でキャラクターをデザインして作ってみたいと思うかもしれません。ニードルフェルトなら、自分の頭の中で思い描いたキャラクターを、3Dで作り出すことができるので、それができればものすごい達成感があると思います。