思い通りのキャラクターを作るコツ

MENU

ニードルフェルトで思い通りのキャラクターを作ろう

 

ニードルフェルトは羊毛をニードルで刺して絡め固めるだけの単純作業で形を整えていく手芸方法です。簡単そうに見えても実は奥が深く、思い通りのキャラクターを作るためには技術が必要です。技量アップのコツはないのでしょうか?ニードルフェルトのキットを使って、イメージ通りのキャラクターを作るためのコツについてまとめてみましょう。

 

きれいな球体を作ることからはじめよう

 

100均にはたくさんの種類のフェルトアニマルキットが置いてあります。自分の好きな動物にチャレンジしてみましょう。まずは説明書の通り、材料となる羊毛フェルトをとり分けるところから始まります。頭、耳など、各部分に応じて大体の分量を取り分けましょう。羊毛を割くようによくほぐし、手で思い切り丸めていきます。摩擦と熱によって羊毛はフェルト化していくので、この工程は力一杯行うことが大切です。

 

次にマットの上でフェルトをニードルで刺していきます。指でつまんで形を整えながら刺すことを繰り返し、球体を作っていきます。球体がバランスよくなるように一ヶ所だけでなくまんべんなく刺して成形していってください。

 

パーツの配置はキャラクターの命

 

耳などのパーツの部分は、全体を押し固めないようにしてください。顔との接合部はフワフワの毛羽立ちを残しておきます。このフワフワを顔本体の繊維と絡め合わせることでパーツ同士をくっつけていきます。パーツをくっつける時は完成をイメージして、ちょうどいい場所に接合するようにしましょう。少しイメージと場所が違うと感じたら、引き離してもう一度やり直すことも可能です。100均のフェルトアニマルはプラスチックの目を埋め込みます。ニードルで目の部分にしっかり穴を開けて、プラスチックパーツが入るようにしてください。位置が決まったらボンドで接着します。

 

キャラクターにとって目は重要なポイントになります。目の配置を間違えると思い通りのキャラクターにならないので、よく確かめながら配置しましょう。鼻や口も重要です。よく位置を確かめながらフェルトを配置してください。

 

まとめ

 

すぐに思い通りのキャラクターを作ることは難しいと思います。しかし、キットの写真を参考にして練習すれば、きっとイメージ通りのキャラクターをハンドメイドすることができると思います。

関連ページ

ニードルフェルトデザイナー資格を取るには
ニードルフェルトとは、羊毛をニードルと呼ばれる専用の針で刺し、繊維を絡めながらフェルト化させることでマスコットやアクセサリーをつくる手芸方法のことです。羊毛フェルトと呼ばれたりもします。ハンドメイドでかわいいグッズを作れるということで、若い女性を中心に流行っています。
細いパーツを作る時のポイント
ニードルフェルトで難しいのは細かったり小さいパーツをどのように作るかということです。パーツが細かいとイメージ通りの形にするのは難しいですし、ニードルで指を刺しそうにもなってしまいます。初心者でも小さいパーツを簡単に、安全に作るコツをいくつかまとめてみましょう。
初心者が制作するのに最適なキャラクター
羊毛をニードルと呼ばれる針で刺し、繊維を絡める手芸方法があります。最近、その手芸法を活かしたニードルフェルトという趣味が流行っています。フェルトが生み出す独特の柔らかな風合いが魅力です。道具や材料を100均でそろえることもできるので、初期コストがかからず、だれでも手軽に始めることができます。
世間的に人気が高いキャラクターとは
ニードルフェルトの技量がアップしていくと、さまざまなキャラクターを羊毛で作ることができるようになります。世間的に人気が高いキャラクターとはなんでしょうか?ディズニーのキャラクターは世代を超えてたくさんの人に愛されています。 リアルなディズニーのキャラクターをニードルフェルトで作るためには相当の技術が必要ですが、LINEのゲームのツムツムのディズニーキャラクターなら丸みを帯びているので羊毛フェルトでも作りやすそうです。